松阪牛の王様的な存在サーロイン

良質な脂が乗った牛肉の代表的な部位

サーロインは松阪牛の背中側のほぼ真ん中に位置する部分で、脂がしっかりと乗った良質な部位です。
1頭の松阪牛から約10キロほど取れる部位になります。

一般的にステーキといえばこの部分がイメージされる部位であり、スーパーなどに並ぶ大きなステーキ肉といえばサーロインが基本です。
もちろん、松阪牛はスーパーなどに並ぶサーロインとは違い、よりサシがキメ細やかに入り、価格帯も大きく異なります。

脂と赤身のバランスがとれた、肉本来の味が楽しめます

サーロインは柔らかでジューシーな肉質で、赤みに脂肪分がキメ細やかに入り、肉汁もたっぷりでマイルドな味わいが楽しめます。
いかにも肉を味わっているという食感と旨みが楽しめる、松阪牛を楽しむならまずは味わってほしい部位です。
霜降りが美しい肉質と、そのまま食べても美味しく柔らかな脂身がキレイにつき、とろけるような食感と旨みを味わえます。

定番のステーキから、和風の味付け料理にも

サーロインを楽しむなら、やはりステーキがおすすめです。
比較的大きな部位なので、厚切りにカットすると1枚のステーキは150g~200g程度となり、たっぷりと松阪牛を堪能することができます。
旨みが強いので余計な味付けはせず、塩と胡椒だけでも美味しく味わえます。
もちろん、デミグラスソースや醤油ベースの和風ソースに大根おろし、ポン酢やワサビで頂いても美味です。

また、松阪牛専門店ではサーロインを薄くスライスしたしゃぶしゃぶ用やすき焼き用の肉も販売されています。
美味しいお肉を食べたいけどカロリーが気になる、という方にはしゃぶしゃぶで、ガッツリとしたステーキは食べにくくなったご高齢の方にはすき焼きがおすすめです。

サッと煮てとろけるような食感を味わうのがおすすめですが、脂肪分が多いので多少煮込み過ぎても柔らかくいただけるのも特徴的です。
お中元などでたくさんいただいた場合などには、厚切りのまま味噌漬けにしてみてはいかがでしょうか。
味噌やみりん、すりおろし生姜で一晩漬けたサーロインをサッと味噌を拭いて焼き網かグリルで香ばしく焼けば、ご飯のお伴や日本酒にも合う和のテイストを楽しめます。