松阪牛のこだわりの部位を美味しく頂くためのレシピ

豪快に柔らかなステーキを

premium-recipe

ステーキといえば脂が乗ったジャンボサイズのサーロインや、脂肪分が少なく低カロリーでヘルシー、1頭からわずかしか取れない高級部位であるヒレが一般的です。
他には、高級レストランやステーキハウスなどで提供される部位にはリブロースやランプもあります。

リブロースはサーロインのお隣に位置する部位で、適度な脂肪分が入った霜降り肉で、柔らかさも魅力です。
サーロインは少し硬く感じるようになった中高年やシニアの方にも、美味しく召し上がれます。
ランプはお尻の方にあり、脂肪分が少なく肉の旨みが存分に味わえる赤身で、モモ肉より柔らかくステーキにしても硬くなりません。
そのため、高齢者の方にもおすすめなのがランプステーキです。

とろとろの絶品ビーフシチュー

松阪牛を贅沢に楽しめるレシピとして、ビーフシチューもおすすめです。

ビーフシチューには脂が乗って歯ごたえもあるカルビや柔らかでヘルシーな赤身のモモ肉をはじめ、モモの下に位置する柔らかな部位であるシンタマや足のスネ、首筋のネック等、やや硬い部分を使っても美味しく仕上がります。
じっくりと煮込むことで柔らかさが増し、骨と肉の隙間から旨み成分が引き出されるため絶品のビーフシチューが出来上がります。

なかなか手に入らない松阪牛肉の希少部位

一般的に牛といえば大きなイメージですが、部位別に考えると、1頭からわずかしか取れない部分も存在しています。

こうした希少部位は市場に出回る量も少なく、高級スーパー等でも滅多に見かけない部分です。
専門店などでようやく見つかるといった部位が下記のような部位になります。

ミスジは肩甲骨の下のあたりの部位で、とろけるような食感と甘み、赤身と霜降りのバランスも優れています。
焼肉やすき焼き、さっと炙ってタタキにして、わさび醤油で頂くのが絶品です。
また、軽く煮込んでも肉の脂肪分が溶け込んで柔らかさと肉の味が楽しめるので様々な煮込み料理にも最適です。

お尻のあたりの柔らかな部分であるイチボもわずかな部位で、焼肉や肉のタタキ、ビーフシチューなどに適しています。