松阪牛の知っておきたい美味しい食べ方4選

松阪牛の美味しい食べ方はステーキや焼き肉だけじゃない!?

4special

日本の高級ブランド牛肉として名高い松阪牛の食べ方と言えば、やはりお肉の風味や食感を存分に味わえるステーキが真っ先に思い浮かぶかと思います。
柔らかくジューシーな霜降り肉が、口の中でとろけていく様子を思い浮かべるだけでよだれが出てくるのではないでしょうか。
それぞれの部位を味わえる焼き肉も大人気で、直火で焼いた時の食欲をそそる香ばしい香りがたまりません。

しかし、ステーキや焼き肉以外にも、お肉を美味しく食べる方法は他にもたくさんありますがその一部を紹介します。

松阪牛の美味しい食べ方 4選

まずは定番の「しゃぶしゃぶ」です。
鍋のお湯にさっとくぐらせるだけで手軽に作ることができ、大根おろしやポン酢などさっぱりした味付けでたくさん食べられます。
白菜や人参、水菜などを千切りにして用意しておけば、普段野菜をあまり食べないお子さんでも美味しいお肉のエキスを吸った野菜に箸が進みます。

また、「すき焼き」も外せません。
強火でさっと焼いて砂糖と醤油と出汁ですぐ食べても良し、野菜と煮込んでから卵につけて食べても良し、ご飯にのっけて牛丼にするも良しとどのような食べ方でも美味しく頂けます。

そして、肉の旨味を閉じ込めた「ローストビーフ」も非常に美味です。
出来上がったものをそのまま食べても美味しく、サンドイッチやサラダ、お寿司に丼ものなど、アレンジ次第で美味しさも七変化します。
ホームパーティ等では特に活躍するでしょう。

最後は「煮込み料理」です。
とろとろに煮込んだ松阪牛のビーフシチューやカレー、肉じゃがなど、旨味がしみ出すので普段の料理が高級料理に早変わりします。
松阪牛を堪能したいなら、家庭料理に使ってこそ普段との違いをハッキリと感じられるかもしれません。

調理の仕方次第で味が変化

どんなに美味しいお肉でも、調理法が間違っていては味や食感が落ちてしまいます。
せっかくの松阪牛ですから、美味しさを損なわない解凍方法や調理方法をしっかり調べた上でいただきましょう。

そうすれば、高級レストランに勝るとも劣らない美味しい料理でご家族の方にも喜んでもらえます。